Copi Luwak

やっているゲームの海外記事翻訳やガイド、チラ裏等を書いています。

【Gwent】Homecoming後簡易環境レポート(As Of 20181029Week)

とうとうGwentがHomecoming、すなわち正式リリースを迎えた。めでたい。

10/23にリリースされ、約1週間が経過した。

すでに様々なデッキが登場し、当然のようにメタは混沌としているが、ここまでのメタ変遷(のようなもの)や、リーダー別のアーキタイプを紹介したい。

https://cdn-l-playgwent.cdprojektred.com/wallpapers/Gwent_1920x1080_JA.jpg

続きを読む

【MTGA】Magic The Gathering:Arena所感・紹介

かの有名なMTG(Magic The Gathering)のライト版?的なポジションであるMagic The Gathering:Arena(以下MTGA)のオープンβが始まったということで、先日から少しプレイしている。大昔にほんの少しだけ紙を触ったことはあるが、10年以上前のことなうえ、新キーワード等が大量に出ているためほぼ初心者同然である。

1,2週間プレイしてみて感じたことや構築済みデッキの紹介等を記載しておく。

※すぐ上にも書いたが、ほぼ初心者なので多分に認識誤り等を含んでいる可能性がある。気づいた点があったらコメント等でご指摘いただけると幸いである。

f:id:luwak1:20181013175606j:plain

  • プロコン
    • Pros
    • Cons
  • 序盤の動き方
  • ドラフト・シールドモードをプレイすべきか
    • ルール整理
      • ドラフト
      • シールド
    • ドラフトをプレイする理由
      • 狙った色のカードを揃えやすい
      • 余剰でラッキーなカードを拾える可能性がある
  • 構築済みデッキ紹介
    • 青赤(Wrath of Mages)
    • 青緑(Jungle Secrets)
    • 黒緑(Saproling Swarm)
    • 青白(Artifacts Attack)
    • 白黒(Eternal Thirst)
    • 白赤(Strength in Numbers)
    • 赤緑(Primal Fury)
    • 白緑(Auras of Majesty)
    • 黒赤(Chaos and Mayhem)
    • 黒青(Walk the Plank)
  • 終わりに
続きを読む

【Gwent】Homecoming PTRの振り返り

GwentのHomecomingがいよいよ近づいてきた(10/23リリース予定)ということで、ついにPTRが実施された。5日間と期間は短かったが、休日に被っていたため結構触ることができた。ここでは簡単な振り返りとデッキの備忘、強力に感じたカード等をメモしておく。

続きを読む

【Gwent】Gwent Challenger #4 - 強欲なトライアングル

この記事はGwentChallenger#4のファイナリストであるAretuzaAndyWandおよびDamorquisの大会準備についての考察である。

Original:

https://teamaretuza.com/homepage/article/gwent-challenger-4-preparing-the-triangle-of-greed-qcDx

GwentMastersの大会に臨む際、準備と適切な戦略を選択することは非常に重要だ。対戦相手のラインアップを予測し、適切なメタ読みを行い、前回の大会のデッキやプレイヤーそれぞれのパフォーマンスから推測する。これらは次の大会に向けての準備の基礎となるものだ。大会のためのよい準備とは、強力な戦略を組み立てるだけでなく、テックチョイスのみならずゲームプランを適切に実行するためのプレイヤースキルを担保する適切な量の練習とテストを内包するものだ。

続きを読む

【Prismata】Prismata実践ガイド②:開幕の定石

※この記事は「Prismata Library」という海外ページの翻訳&要約版です。
1文1文で訳してはいないので、完全なものを参照したい方はオリジナルページ(英語)を参照ください。

prismatalibrary.blog

Prismataではランダムセットが毎回不定なので、常に同じ開幕手を使えるわけではない。だが、定石とも呼べる一定のパターンを知っておくと役に立つだろう。

  • 凡例
  • 先行
    • [Slow Conduit / スローコンジット] 1. DD 2. DD 3.DDC
    • [Natural Blastforge / ナチュラルブラストフォージ] 1. DD 2. DD 3. DDB
    • [Natural Animus / ナチュラルアニムス] 1. DD 2. DD 3. DDA
    • [Third Engineer Blastforge / 3Eブラストフォージ] 1. DD 2. DDE 3. DDD 4. DDDB
    • [Third Engineer Conduit / 3Eコンジット] 1. DD 2. DDE 3. DDD 4. DDDC
    • [Fast Conduit / ファストコンジット] 1. DD 2. DC.
    • [Elyot Animus / Elyotアニムス] 1. DD 2. A.
    • [P1 Masterbot / 先攻マスターボット] 1. DD 2. DB.
  • 後攻
    • [Fastimus / ファスティムス] 1. DD 2. DA
    • [Natural Conduit / ナチュラルコンジット] 1. DD 2. DDC (3. DDB)
    • [Third Engineer Natural Conduit / 3Eナチュラルコンジット] 1. DD 2. DDE 3. DDDC (4. DDDB)
    • [Fourth Engineer Natural Conduit / 4Eナチュラルコンジット] 1. DD 2. DDE 3. DDDE 4. DDDDC
    • [P2 Masterbot build / 後攻マスターボット] 1. DD 2. DB
    • [P2 Natural Blastforge / 後攻ナチュラルブラストフォージ]1. DD 2. DDE 3. DDDE 4. DDDDE 5. DDDDDB
  • まとめ
続きを読む

【Prismata】Prismata実践ガイド①:基本

※この記事は「Prismata Library」という海外ページの翻訳&要約版です。
1文1文で訳してはいないので、完全なものを参照したい方はオリジナルページ(英語)を参照ください。

prismatalibrary.blog

鉄は熱いうちに打てということで。
一部のGwentの民に続いてFaeriaの民が参戦する等、じわじわ盛り上がりを見せている(?)Prismataの実践ガイド記事。
ちなみにキャンペーンのEP2、EP1に比べて普通に難しくなっていた。結構やり直した。後半は長丁場な試合が多いのでやり直しがキツイ…

続きを読む

【Gwent】デッキ構築論①:圧縮カード採用枚数

所謂環境デッキと呼ばれるような強力なデッキは皆一定以上の圧縮能力を持っている。

ではデッキ圧縮力はどの程度あるのが望ましいのか?我々はその謎を解き明かすためアマゾンへと飛んだ。

各勢力で最も強力と思われるデッキを1つづつ取り出し、検証してみる。

続きを読む

【Prismata】Prismata入門ガイド

※随時加筆・修正予定

f:id:luwak1:20180310150509p:plain

  • Prismataとは
  • サンシャイン牧場+HearthStone
  • 画面説明
    • ①自軍エリア
    • ②攻撃力・守備力
    • ③インベントリ
    • ④資源
  • キーワード
  • ゲームの目的
  • ターンの流れ
    • 1.防衛アサイ
      • シチュエーション
      • プランA
      • プランB
      • プランC
    • 2.資源回収
    • 3.ユニット購入
    • 4.アビリティ発動(任意)
    • 5.攻撃参加ユニットの決定
    • 6.攻撃実行
  • 最初にやること
    • キャンペーン
    • トレーニング
  • 宣伝とか

 

続きを読む